« カープ総力戦でドローに マエケンに黒星はつけないぞ! | トップページ | 石井琢朗のいぶし銀の活躍でカープ4位浮上! »

2010年6月 3日 (木)

子鉄と一緒に「京急ファミリー鉄道フェスタ2010」で作業車両三昧!

先週の日曜日(5/30)、久里浜の京急ファインテック久里浜
事業所で行われた「京急ファミリー鉄道フェスタ2010」に
家族で行ってきました

1006031_3

例年のように主工場見学ツアーや洗車体験、架線作業車の
乗車体験、信号機操作体験、運転台撮影、パンタグラフの
操作体験など盛りだくさんのイベントを用意してくれました。

今年も昨年同様に天候には恵まれませんでしたが、
広い会場内は人で一杯でした。

今年のお目当ては何といっても今年度限りで引退が決まって
いる1000形(旧 1000形)で、車両撮影コーナーでは引退
セレモニーも開かれ、さまざまなコーナーに1000形が
展示されていました。
特に行先方向幕操作実演コーナーでは、「急行」表示や
「平和島」など、今の運用では使われない行先などに
なると会場からはフラッシュの嵐と大きな歓声が起こって
いました

1006032_2

旧1000形と言えば一昨年このイベントの運転台撮影に
使われ、うちの子鉄も運転台に座って写真を撮らせて
もらいました。
1ハンドル化が進む中、今や貴重な1枚ですよね

只、1000形に思い出などない4歳の子鉄にとっては
もっと大きなお目当てを発見
それは作業用車両です。

その中でも特に興味があるのは通称「マルタイ」と
呼ばれているマルチプルタイタンパー。

1006033_2

バラスト軌道の場合、列車が走行する度に枕木が沈み込み、
レールがわずかながら歪んできます。
これは、列車の乗り心地を悪くする上、高速走行を阻害する
原因にもなってくるのです。
その矯正のために「マルタイ」が定期的に使われます。

1006034_2

京急のマルタイ「08-16U」は、
オーストリアのプラッサー&トイラー社のもので、
JR各社や大手私鉄などで多く採用されています。

1006035_2

写真手前の丸い機械がレールを両側から掴み、ミリ単位で
持ち上げて、枕木下に隙間を作ります。
そして、奥の爪のような機械で砕石を突き固め、枕木の下に
入れて、通常の線路の高さに矯正していくのです。

 
マルタイでの矯正後、バラスト(砕石)を均したり、
レール付近に残ったバラストを片づけるなど
軌道整備に活躍しているのがバラストフィニッシャー
「BF 802B」です。

1006036_3 

この「BF 802B」は軌道の基礎を安定させるのは勿論、
多くの機能を搭載しているそうです。

1006037_2
1006038_2

作業用車両の担当の方は4歳児がする様々な質問に
とても親切に答えてくださいました
(親でも「おい、しつこいぞ!」と思うような部分も
一生懸命耳を傾けて、分かるように解説してくれました)
とても感謝です。

こちらは横でハラハラドキドキだったので、
深い内容まで記憶出来ませんでしたが、最後に子鉄が
「マルタイも凄いけどバラストフィニッシャーもいろんなこと
するんだね。凄いなぁ!」と言ってたのが印象的でした

他にも沢山の作業用車両見学させてもらいました。
只、架線作業車乗車体験は、「恐い!」ということで
乗りませんでしたが

今年はお弁当を作って持っていったので、
物販コーナーでの時間は節約できましたが
子連れでの鉄道イベントは、やはり朝から行かないと
回りきれませんね

京急さん、来年も楽しいイベントを期待しています

| |

« カープ総力戦でドローに マエケンに黒星はつけないぞ! | トップページ | 石井琢朗のいぶし銀の活躍でカープ4位浮上! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子鉄と一緒に「京急ファミリー鉄道フェスタ2010」で作業車両三昧!:

« カープ総力戦でドローに マエケンに黒星はつけないぞ! | トップページ | 石井琢朗のいぶし銀の活躍でカープ4位浮上! »